最近、やや流行語になりつつある「闇営業」。どうして「闇営業」と言われるかというと、所属企業に内緒で芸人としての営業の仕事をするところから「闇」営業と呼ばれる。所属企業を通さないことによって、本来管理費などの名目で収入が得られるはずの所属企業から見て「闇」営業なのである。

つまり、客が反社会的勢力かどうかは関係なく、営業先が反社会的勢力でなくても「闇営業」と呼ばれる。ここはきちんと整理しておかないと、割とごっちゃにされやすい。とりあえず、客が反社会的勢力だったかどうかは一旦横において話を進めます。

ところで、所属企業と書いたけれど今回の場合の所属企業とは言うまでもなく吉本興業である。真偽のほどは定かではないけれど、吉本興業とその所属芸人の間には「契約書」が交わされていないらしい。法律上は、仕事の依頼に対する金銭の支払いなどが行われていれば契約関係にはあるらしいですが、それと「契約書」が交わされてるかどうかは別の話です。

仮に吉本興業と所属芸人の間に契約書がないのであれば、他で仕事するなという契約も存在しないはずなので、芸人サイドとしては吉本興業に何のことわりもなく仕事をしてもよいはず。ということは、(契約書がないことを前提に考えれば)吉本興業と所属(契約がないのならそういうのもおかしいけど)芸人の間において「闇営業」という行為は存在しないはずと思う。

ところが、実際には吉本興業の仕事をしている芸人さんが、吉本興業を通さずに芸人としての仕事をすると「闇営業」と言われ、一方的に謹慎させられ、仕事を奪われてしまう。契約書を交わした相手でもないのに。これこそが「業界の闇」じゃないの?

ここまでの説明で、今回の「闇営業」と「客が反社会的勢力」だったことは別の話であることが分かってもらえたでしょうか?

じゃ「客が反社会的勢力」だったことは何が問題なのか?もし客が反社会的勢力であると知っていたのなら、それは問題だと思う。しかし、本当に知らなかったのなら、芸人さんには何の責任も無いんじゃないかな。本当にその筋に詳しい人でなければ、誰が反社会的勢力で、誰がそうでないのかの区別なんて難しい。僕だって、もしかしたら知らない間に反社会的勢力の人となんらかの形で関わっているかもしれない、関わっていないとは言い切れない。

例えば、これも真偽は定かではありませんが縁日の露店は暴力団関係の収入源になっているということを聞いたことがあります。もちろん、全部が全部ではないと思いますが、仮にそうであったなら縁日の露店でたこ焼きを買ったりすることは「反社会的勢力に対する利益供与」ということになります。

じゃみんなで「縁日の露店で買い物するのは止めよう!」となるかというとそうはならないですよね。だとすれば「客が反社会的勢力と知らずに営業した芸人」に何の問題があるのだろうか?

重要なところがすべて仮の話になっているので、ここに書いてあることがすべて正しいと証明できませんが、そもそも業界の闇がどこにあるのだろうか?ということと、本来「闇営業」と「反社会的勢力」は別の話なのに、メディアでの取り上げられ方によって、それらがごっちゃになっているのが気になりました。

今は、YouTuberになりたいという子供達が多いですが、こんな闇の業界で芸人になるぐらいなら、こういう業界とは無関係にYouTuberをやってる方がよっぽどマシだと思う。