子どもたちと一緒にプログラミングやっていると「もっとちゃんとしなさい」「もっと丁寧にしなさい」「もっときれいにしなさい」という親がいます。

そんなあなたに聴きたいのですが、あなたのいう「もっとちゃんと」とはどういう状態ですか?どれぐらい丁寧にやったら「もっと丁寧に」なりますか?あなたのいう「もっときれいに」はどんな状態ですか?

そもそも、あなた自身がそう言われたとしてどのように対応しますか?

親に「もっと○○しなさい」と言われると、多くの子どもたちは正解探しに入ってしまいます。「もっと」と言われないようにするにはどうしたらいいか?「もっと」やってみたけど、これでいいか?

正解探しに入ってしまうとアウトプットが遅れます。

アウトプットが遅れると成長が遅れます。

親のとしては「もっと上手になってほしい」「もっとできるようになってほしい」という気持ちから「もっと」と言ってしまうのですが、それ逆効果ですから。

あと、これは対大人にも言えます。会社で部下を持っている人、チームでリーダーの役割を負ってる人は気をつけましょうね。