less than 1 minute read

ひさしぶりの「なんだシリーズ」です。今回は「DX(Digital Transformation)。

デジタル庁も発足していよいよ日本もDX加速の期待が高まりますが、DXは一部の人だけが理解していればいいものではないんです、DXを推進する人はもちろん、利用する私たちもその本質を理解しておかなければ本当の意味でDXは巣進んでいきません。

例えば、このようなケースはDXが行われた例と言えるでしょうか?

今までは窓口に行かないと住民票が取れなかったのけど、マイナンバーカードを使えばコンビニで出せるようになった。

これは一見するとDXのわかりやすい例のように見えるかもしれません。しかし、このレベルではDXとは言えないのです。

この例で言えば

今までは住民票を取りに役所にいかないといけなかったけど、マイナンバーカードを持っていれば住民票がいらなくなった。

ここまでできて、ようやくDXと言えます。いかがでしょう、DXのイメージが少しは変わったのではないでしょうか?

こんな感じで身の回りのどんなことがDXの対象になりそうか、どんな形で実現できそうか考えてみてください。

新しいDXのアイデアが生まれてくると思います。