社内担当者の視点で企業のシステム化をサポートします

crossroads lab.では、主に中小企業向けにシステム化支援(いわゆるDX)を行っています。

今や仕事のツールとしてIT、システムはなくてはならないものです。 しかし、多くの企業でその時その時に必要なシステムを導入した結果、運用コストが膨れ上がり、でも運用はできていない「つぎはぎIT」状態が生まれています。

「社内にITのわかる担当者がいない」これが問題を引き起こす一番の原因です。 とはいえ、情報システム部門を抱える大企業ならともかく多くの企業では専任の担当者を抱えるが難しい。

そこでcrossroads lab.は、非常勤のIT担当者として社内担当の視点で社内システムの最適化を一緒に考え、企画立案・ツール選定・ワークフロー構築企画段階から実行レベルまでを一緒にやっていきます。

また、経営者、企業内情報化担当の方のブレイン(CIO)として、進行中の開発案件、社内情報化プロジェクトに関して第三者の立場から評価とアドバイスを行うセカンドオピニオンサービスも提供しています。

CIOとは、Cheif Information Officeの略で、社内の情報担当責任者を意味しています。政府でも使われている言葉です(政府CIOポータル

いずれにおいても、何をするかだけでなく「なぜするのか?」に重きを置いて、みなさまと「なぜ」を共有しながら進めております。

どうぞ、こちらから気軽にお問い合わせください。

対応可能なクラウドシステム

その他、有償・無償のクラウドサービスを組み合わせたご提案が可能です。

実績

  • 大阪市内の企業(従業員50名規模)へのMicrosoft 365導入
  • 大阪府庁のMicrosoft 365を活用したリモートワーク化推進プロジェクト参画

など。 Microsoft 365ばかりですが、どちらかというとGoogle Workspaceの方が得意です。Microsoft Officeにこだわりがなければ、Google Workspaceをオススメしています。

詳細については各企業・組織ごとの内容となるためここに記載できません。お声がけいただければ、ご説明いたしますのでお気軽に。


> わたしたちがめざすこと

> 若い人たちとできること